トップへ > 何故?!浮気する側の心理・対処法など > 浮気発覚後の対処法は??プロが教えるいくつかの選択

浮気発覚後の対処法は??プロが教えるいくつかの選択


探偵事務所に浮気調査を依頼されるお客様のほとんどは、依頼する前から浮気の事実を確信していることが多いものです。


このため、調査終了報告で実際に浮気が確認された場合も、ある程度は精神的な準備ができているのがふつうです。


しかし、現場の写真を目の当たりにしたり、報告書で浮気の揺るぎない事実を確認することによって、気分が落ちこんだり動揺することもしばしばあります。


依頼した時点で考えていた対処法に自信がなくなることもあるでしょう。最初は浮気を確認した時点で離婚を決意していたとしても、報告書を見ていて離婚に迷いが生じることもあります。

離婚をもう少し待ってみようとか、離婚をしてしまったら今後どうやって生活していったらわからないなどとあれこれ考え、結局どうしたらいいのかわからなくなってしまうこともあります。


友人や家族のアドバイスを仰ぐことも大切ですが、最終的な決定を下すのは自分です。
以下にいくつかの対処例を挙げていますので、参考になればと思います。


【対処例①】離婚

浮気が確定した場合に離婚を選択する人は、調査以来をした人の約30%にのぼります。離婚を選択する人は20〜30歳代と比較的若い層が多いという傾向があります。


また、仕事を持つ女性、あるいは子どものいない夫婦の場合には離婚を決意する人が多くなっています。若い世代であれば再婚の可能性も十分にありますので、あまり迷わずに離婚を選択することができるようです。


しかし、子どもが2人以上いる夫婦、妻が仕事を持っていない専業主婦の場合、さらに夫婦共同名義の財産があるといったケースだと、事情は複雑になってきます。財産の分配や子どもの問題などが出てくる場合には、そうあっさり離婚するわけにもいきません。


【対処例②】慰謝料請求

離婚という思い切った決断をする前に、慰謝料請求を考えてみるのもいいアイディアです。慰謝料を配偶者に請求することによって、配偶者と浮気相手の不倫関係がだめになってしまうケースもしばしばあります。


ただし、浮気相手がストーカーとして逆にこちらをおどしてくる場合や、秘密の不倫関係をつづける場合もありますので注意が必要です。


慰謝料請求をする場合には、浮気相手がどんな経済状況にあるのか、どんな人物であるのかなどを事前に調べておかないと思いがけないトラブルに巻き込まれることにもなりかねません。


【対処例③】浮気調査を依頼したことを配偶者に知らせる

夫と妻の性格などにもよりますが、思い切って配偶者に探偵を雇ったことを知らせてみるのもいい手かもしれません。

今後の不倫を自粛するようになる可能性も大ですし、自分の不貞を心から反省して以前の生活に戻ってくれることも期待できます。恐妻家の夫などにはかなり有効な対処例だと思います。


【対処例④】様子を見る

調査報告によって浮気の事実を確認した上で、だまってことのなりゆきを見るのはつらいかもしれません。
しかし、感情にまかせて配偶者と取り返しのつかない大ゲンカをしてしまい、決定的な破局を向かえる前にできることはいくつかあります。


まず、夫婦関係をよく見直し、自分に不備なところはないか、何か改善できることはないかなどと考えてみるのも一案です。家庭の居心地がよくなれば、配偶者は自然と浮気をやめるかもしれません。


引越しを提案してみる、生活環境を変えてみる、二人で過ごす時間を持つように努力することもおすすめです。


配偶者が浮気をしているからといって、その相手と永久につづくという保証もないわけですから、ここはひとつ理性的に改善策を考えてみるのもよい対処例です。

メールでのご相談はこちらから

※は必須項目になります。

お名前 姓: 名:
フリガナ セイ: メイ:
性別
年齢
メールアドレス
電話番号
郵便番号
都道府県
希望連絡日時
(例:3月18日
16〜17時)
お申込み日から
原則、1〜3日
以内をご希望下さい。
ご予約の都合上
当日のご利用は
ご遠慮頂いております。
ご相談内容
(現状をできるだけ詳しく
ご記入ください。)