トップへ > 他人事じゃない!!浮気の慰謝料・法律・離婚について > W不倫の慰謝料ってどうなるんですか??相殺されるんですか?!

W不倫の慰謝料ってどうなるんですか??相殺されるんですか?!



W不倫とは、自分も結婚していて相手も結婚している場合を言います。
お互いに結婚しているので、後ろめたさを感じにくい場合もあるようです。


しかし、自分の配偶者から見れば、浮気していると言う事実には変わりありません。


この場合、浮気相手の配偶者から慰謝料を請求される場合があります。



少しわかりづらいですが、
自分の浮気相手の配偶者から慰謝料の請求を求められ、
自分の配偶者が浮気相手に慰謝料を請求するというケース
もありえるでしょう。


このようになると互いの配偶者が慰謝料を請求していることになるので、慰謝料を支払わなくても相殺すればいいように感じられます。


しかし、慰謝料の支払いは、自分の浮気相手の配偶者と自分、自分の配偶者と浮気相手の間で債権が発生しているので、相殺されることはありません。


W不倫の場合は、2つの夫婦がそのまま夫婦生活を続ける場合は、慰謝料をめぐって裁判になることもありえます。


そして、どちらか一方の夫婦が離婚に至った場合は、離婚した側の配偶者が不倫相手に慰謝料を請求するので、浮気行為をしていて離婚に至った本人は、あまり関係のない話になります。


しかし、離婚に至った本人は、配偶者から慰謝料を請求される場合もあります。
この場合は、自分の元配偶者と浮気相手の配偶者の両方から慰謝料を請求されることになります。


このようにW不倫の場合は、2つの夫婦が互いに慰謝料を請求し合うことになります。


そして、W不倫が発覚したあとに夫婦生活を続けるのか、離婚するかによって自分がどのように関わるのか異なります。


浮気に対して、慰謝料を請求する場合、浮気をした自分の配偶者に請求する場合と浮気相手に請求する場合、または、自分の配偶者と浮気相手の両方に慰謝料を請求したいと考える場合もあるでしょう。


浮気をした配偶者か浮気相手のどちらかに慰謝料を請求する場合は、問題ないようです。


しかし、両方に慰謝料を請求する場合、すでにどちらか一方から慰謝料を受け取っていると、金額によってはもう一方から慰謝料を受け取ることができない場合もあるようです。


W不倫の慰謝料は、互いの配偶者からそれぞれ請求されることになります。


また、支払いについては、相殺されることはなく、しっかりと支払わなければなりません。

メールでのご相談はこちらから

※は必須項目になります。

お名前 姓: 名:
フリガナ セイ: メイ:
性別
年齢
メールアドレス
電話番号
郵便番号
都道府県
希望連絡日時
(例:3月18日
16〜17時)
お申込み日から
原則、1〜3日
以内をご希望下さい。
ご予約の都合上
当日のご利用は
ご遠慮頂いております。
ご相談内容
(現状をできるだけ詳しく
ご記入ください。)