トップへ > 他人事じゃない!!浮気の慰謝料・法律・離婚について > 夫(妻)の浮気の事実があった場合、すぐに離婚はできるんですか?

夫(妻)の浮気の事実があった場合、すぐに離婚はできるんですか?



夫(妻)の浮気の事実を知ってしまった場合、すぐに離婚をしたいと考える人も少ないないでしょう。


しかし、現実にすぐに離婚と言うものは、成立するのでしょうか?


例えば、妻が夫の離婚の事実を知った場合に妻が、夫に離婚を申し出ても夫が離婚に応じない場合もあります。


離婚は、妻と夫の相違の下に協議を行った結果お互いに合意したときにが成立します。



ですから、先に述べた例の場合は、すぐに離婚が成立しないと言えます。
夫または妻が、浮気をしているからと一方的に離婚を申し出ても成立しないと言うわけです。


このような場合は、協議離婚が成立しなかったので、離婚調停を行うことになります。


また、離婚調停でも決着が付かない場合は、地方裁判所で離婚裁判を行います。


しかし、離婚裁判を行うと浮気行為が継続的で反復的であったかということが重要になる場合もあります。


また、裁判所では、さまざまな状況や行為を判断の材料とするので、結婚生活の継続ができると判断すると、離婚の請求を認めない場合もあります。


裁判所では、法定離婚事由として、


「相手の浮気(不貞)行為があったとき。」
「相手から悪意で保護義務を怠ったとされたとき。」
「相手の生死が3年以上わからないとき。」
「相手が重度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。」
「そのほかに結婚生活を継続していくのが難しい重大な問題があるとき。」


としています。


夫または妻の浮気の事実を知って、離婚したいと考え離婚届を勝手に提出しても、一方が離婚の意思がないことを提出先の役所に、離婚届の提出を無効にして欲しいと申し出ると、離婚届が破棄されます。


また、すでに離婚届が受理されている場合でも、離婚届が無効であることは変わりませんが、戸籍上に記載されてしまうので「協議離婚届無効確認訴訟」が必要になります。


原則的には、夫婦間で話し合いを行い、離婚を決めることができますが、どちらかの浮気によって離婚が決着するまでには、時間がかかる場合が多いようです。


浮気をした方が、もう2度としないと申し出る場合やどんなに謝られても許すことができない、などのように長い間話し合いが続くケースも珍しくありません。

メールでのご相談はこちらから

※は必須項目になります。

お名前 姓: 名:
フリガナ セイ: メイ:
性別
年齢
メールアドレス
電話番号
郵便番号
都道府県
希望連絡日時
(例:3月18日
16〜17時)
お申込み日から
原則、1〜3日
以内をご希望下さい。
ご予約の都合上
当日のご利用は
ご遠慮頂いております。
ご相談内容
(現状をできるだけ詳しく
ご記入ください。)