トップへ > 簡単!!おすすめ★浮気調査マニュアル > 浮気調査!!パソコンの履歴をチェックせよ!!

浮気調査!!パソコンの履歴をチェックせよ!!



浮気調査の相手方が、パソコン利用者なら、インターネットでの情報収集や色々な記録等を保存している可能性が高いです。
言い換えれば、浮気調査の対象者のパソコンは、浮気調査の証拠の宝庫、と言うことができます。



ひと時代前は、現在のパソコンの代わりが、システム手帳でした。
過去や未来の記録を簡単に保存でき、何日の何時に、誰とどこで会った等の行動履歴、または、行動予定が閲覧でき、浮気調査の重要な証拠となりました。


システム手帳も、デジタルの産物であり、パソコンも共通しています。
特に、インターネットにおいては、その仕組み上、履歴が自動で保存され、閲覧も容易になり、浮気の推測を立てる、有益な一助となり得ます。


以下、インターネットの履歴閲覧方法になります。


1.インターネットブラウザを起動する
2.お気に入りをクリック
3.履歴をクリック


この履歴の中には、日付も記録されているので、その中から怪しいものを見つけていくことになります。


インターネットのブラウザには、IE(Internet Explorer)、Firefox、Safari等が有名ですが、いずれも履歴機能があり、表示に若干の相違があります。


IEは上記でお話した方法で、履歴を閲覧できますが、他のソフトについては、メニューバーに、「ブックマーク」、もしくは、IEと同様、「お気に入り」と表示されています。


また、ホームページの閲覧場所のみならず、検索キーワードの履歴も、調べることができます。
Google、Yahoo、WindowsLiveには、検索キーワード履歴のオプションがあり、数か月前の検索キーワードの履歴を閲覧できます。


しかし、インターネットの履歴調査には、注意点があります。
デジタルのメリットは、上記のような履歴が残ることですが、相手の履歴が残るということは、自分の履歴も残ってしまいます。
そのため、履歴欄から自分の閲覧記録を消去しておく必要があります。


先で見た履歴閲覧には、日時も表示されます。
自分が調査を始めた時間と終了時間を抽出し、該当のものを削除します。


また、もし全て消去しても問題がないのなら、各インターネットブラウザには、オプションが付いているので、そこで、履歴もしくはcookieの削除を選べば、全ての履歴等が消去できます。


実際のところ、多くの人が、インターネット履歴から浮気情報を把握しています。
また、パソコン自体からも、同様な情報を掴んでいます。


例えば、ある奥さんが、旦那さんのパソコンで、写真整理をしていたら、性的な写真が多々出てきました。
最近、夫婦の夜も寂しいから仕方ない、と思いました。
ところが、その中から、知らない女性と性的行為をしている旦那さんの写真が出てきて、浮気を確信しました。


もっとも、こういう場合、その後の証拠集めは必要ありません。
その写真そのもので、浮気の確定を行うことが可能だからです。


しかし、先にも申し上げましたが、デジタル品は、保存も容易なら、消去も簡単です。
また、パソコンの場合、専用ソフトを使用すれば、完全消去も可能になります。
そういう場合、復元にかなりの費用が掛かってしまいます。


パソコンで、浮気の証拠を見つけた場合は、速やかに、証拠の保存をする必要があります。


なお、下記にて、インターネット検索で、浮気調査した場合、証拠の記録方法をお知らせしておきます。


・ビデオカメラがあれば、浮気調査の一部始終を撮影する。

※ 撮影後、動画編集ソフトで、静止画抽出を行えば、ワープロソフトに貼り付け証拠書類の作成にも、利用できます。


・ビデオカメラがない場合、デジカメあるいは普通のカメラでの写真撮影。

ちなみに、プリントアウトでも、証拠になりますが、調停等の際、相手が認めない場合があり、立証そのものが困難になります。


また、もし何らかの証拠を取る手段がなく、そのまま当事者間での話し合いを行った場合、相手側が、証拠の完全消去等を行う場合があり、この時もまた、立証そのものが、難しくなります。


面倒でも、少しでも役立ちそうな証拠を見つけたら、何らかの方法で、必ず記録に残すようにしておきましょう。