トップへ > プロに頼むときは… > 浮気の素行調査をお願いするときに気をつけることとは?

浮気の素行調査をお願いするときに気をつけることとは?

浮気の証拠を確実に手に入れたい!
浮気の確かな証拠がなければ、慰謝料請求や親権問題で自分の意見が通らないことが多々あります。それどころか、相手に有利な財産分与になってしまうことも珍しくありません。

「裏切られて慰謝料も請求できないなんて、悔しい!」
浮気をしている気配はあるけれど、確実な証拠がない…
そんな悩みを抱えているなら、プロに頼むのが一番です。

スピーディに浮気の尻尾をつかむことができれば、依頼価格も安くおさえられます!その為に必要な準備や、今すぐに揃えられる証拠の集め方をご紹介します。

安く依頼する為に

浮気調査の価格は時間で計算されます。短い時間で確実に証拠を掴むことが低価格にすませるコツになります。調査前にある程度、逢引する日や相手を特定できれば、その分短時間で浮気をキャッチすることができるのです。また、相手が特定されていると尾行の場所も限られ、調査の手間が大幅に省けます。

事前に用意しておくと便利な情報

大体のカップルは決まった行動パターンでデートを繰り返します。そのパターンを見つけるヒントになる情報を提供することで調査の網を狭めることが可能になります。

◆行動パターン表
浮気が疑われるパートナーの大まかな行動パターンを数ヶ月つけてみましょう。例えば『月末は忙しく終電間際の帰宅が多かったけど、最近は会社に泊ると言って帰ってこなくなった』とか『土曜は休みだったはずなのに、急に出勤する事になった』など、浮気が疑われる以前とは異なる行動がありませんか?

また、『毎週水曜は帰りが遅い』などのわかりやすい日はありませんか?このように、逢引するであろう日が絞れると、調査を依頼する時に大変楽です

◆領収書・レシート・クレジットカードの明細書
普段は縁がなさそうな街のコンビニのレシートは重要なヒントになります。時間によっては仕事で訪れた可能性もあるので、時間や内容をよく見て確認しましょう。

いつもは選ばないようなスイーツやお酒を買っていたら、浮気相手へのお土産かもしれません。これで浮気相手の家がわかる可能性が高くなります。数枚集めると、だいたいの会いに行く時間や曜日がわかってきます。

また、ホテル街のレシートもわかりやすい証拠になります。バーや居酒屋、レストランなど2人のデートに使っているとわかるレシートなども、見ているだけで不愉快になるとは思いますがとっておきましょう。

領収書やレシート、クレジットガードの明細などは、どこで会ってどこで浮気をするのか、大体の目星が付けられる証拠です。

◆相手が特定できる物

メールでのやりとりやSNSなどで見える関係性を自分なりにまとめておきましょう。職場の人間なのか、友達なのか、また写真があるとなおいいでしょう。相手が誰かわからなくてももちろん依頼に支障はありません。

パートナーを油断させる撒き餌

短期間で必ず証拠を掴みたい人におすすめなのが、餌をまいて証拠をつかむ方法です。例えば『友達が大事な相談があるらしくて、泊りで家に来てほしいと言われたんだけど、行っていい?』などと聞いてみて下さい。

きっと相手は恋人に会えるチャンスとばかりに都合のいい日を指定してきます。もしこちらで日を指定すると、相手の都合が合わず空振りに終わる可能性もありますので、必ず相手に日にちを決めてもらいましょう

一泊する理由はなんでも結構です。ホクホク飛びついてきたら、その日に合わせて調査依頼をすると良いでしょう。

信頼できる調査会社を選ぼう

みも知らぬ人に浮気の相談をするのは大変勇気がいるはずですが、相手は仕事ですので気兼ねせずシスティマティックに話を進めましょう。この際に、不信感を感じたり、価格が不明瞭だった場合はやめた方がいいでしょう

調査会社の中には、悲しみで弱った人間につけ込み、詐欺まがいの価格をふっかける悪徳業者も実在します

【怪しい調査会社の特徴】

◆住所に事務所が実在しない
会いたくない依頼者の気持ちにつけ込んで、電話で相談を受けて前金を振り込ませ音信不通にする詐欺が実在します。

◆電話に出ない時がある、社名を名乗らない
避けた方がいい会社です。安心できる会社以外には大事な個人情報を明かす必要はありません。また、事務所以外で話をしたがる(喫茶店や依頼者宅)は必ず断りましょう。

◆価格が不明瞭
会社によって様々な価格設定がありますが、わかりにくい場合は注意しましょう。こまごまとした諸経費がある、着手金や成功報酬の定義が曖昧など、不審な箇所は確認をして下さい。

◆相談中に顧客の情報を話しだした
個人情報の守秘義務を順守しているか不安です。不信感を感じたら迷わず確認しましょう
依頼後の資料の抹消などは万全かを見極めましょう。

◆極端な低料金をうたっている
すごく安い!と思って契約したら、最終的には高くつく場合もあります。尾行が長引き追加料金が莫大にかかったり、調査中の飲食費も請求されたり、2人で尾行した為と請求が2倍になることも。

表示している価格が1人の調査員の1時間の価格だとしたら、かかわる人数や調査時間が変わる場合には必ず確認をするように取り決めましょう。成功報酬がある場合は、なにが成功にあたるのか、またいくらかを明確にしておきます。最終的に書面で確認をして、問題がないかを冷静に判断して下さい

【調査会社選びも気軽に!】
服を選んで買った後、他の店でもっと安くていい物を見つけてショックを受けることがありますよね。調査会社も一緒です。一社に決めずに、自分に合った調査会社を気軽にチョイスしましょう。

近所だからと決めてしまったり、広告が立派だからと決めて後悔しないように、見積もりをもらって数社から選ぶ方がいいでしょう。浮気に関する相談を何回もするのは不快だとは思いますが、より安心できる会社を探す為には、そうした方がいいです。電話ではなく、必ず直接出向いて決めて下さい。

メールでのご相談はこちらから

※は必須項目になります。

お名前 姓: 名:
フリガナ セイ: メイ:
性別
年齢
メールアドレス
電話番号
郵便番号
都道府県
希望連絡日時
(例:3月18日
16〜17時)
お申込み日から
原則、1〜3日
以内をご希望下さい。
ご予約の都合上
当日のご利用は
ご遠慮頂いております。
ご相談内容
(現状をできるだけ詳しく
ご記入ください。)